mono x mono
公演情報 ニュース メンバー紹介 これまでの記録 mono x mono リンク 掲示板
 
尾方宣久の京都ハードボイルド


第7回 晴明神社 

新年、あけましておめでとうございます。
前回の更新から1年が過ぎようとしています。びっくりです。
昨年は何かと忙しく更新できませんでした。ごめんなさい。
実はゴールデンウィークとお盆にこのページの為の京都観光をしたのですが、
写真の整理しか出来ませんでした。びっくりです。
その2ヶ所は今年改めて行くことにします。
今年もよろしくお願いいたします。

お正月ということで、それらしく初詣だけは避けなければならないと思い、しかしそんなに遠くまで行く時間もなく、自転車で15分もあれば行くことのできる二条城に行くことにした。
左の写真は二条城に到着して喜んで撮ったもの。お正月だというのに、こんなところにもまだまだ観光客はいるものなのか。観光都市・京都、恐るべしだ。
そして中に入ろうと受付に行ったところ、終了の張り紙が!(写真中)
お正月だからなのか…時計を確認すると15時を少しだけ過ぎたところ。ギリギリ間に合わなかったということか。はてはて、困ったぞ。どうしたものか?「行きました。閉まってました。」ではアップ出来ない。写真も2枚しか撮れていない。近くに何かなかったか?…そうだ、晴明神社があったではないか!神社なら初詣の参拝客もたくさんいるだろうし、そんなに早く閉まることはないだろう。

というわけで、 二条城から出てきて嬉しそうに記念撮影をしている外国人観光客たちを横目に、晴明神社に行くことにした。普通に初詣になってしまうことに少しの憤りを感じながら、近年あまり見かけなくなった古き良き商店街「堀川商店街」(写真右)を通り抜けていく。

晴明神社とは、皆様ご存知の通り、安倍晴明公ゆかりの神社である。漫画や映画で一般に知られるようになって、参拝客も一時は溢れんばかりだった。現在は落ち着いて、混雑なく参拝できる。

天文博士・安倍晴明を祀っている神社で、晴明は天文学に通じ、移りゆく星をみて宮中の変革、遠国の吉凶を判断したといわれ、一条天皇のときに天文博士となった。晴明が亡くなった後、一条天皇がそのみたまを鎮めるために晴明神社を創建されたということ。

● 晴明井(写真左)
いろんな病気に効くという水が湧き出ている井戸。水が流れ出ているところがその年の恵方を向いているらしい。毎年わざわざ回転させているのかと思ったら、そうらしい。千利休がこの水でお茶を点てたともいわれている。桔梗印(五芒星)のマークがとても際立っている。

●厄除桃(写真中)
『古事記、日本書紀、桃太郎伝説にあるように古来陰陽道では桃は魔除厄除の果物とされています。厄年の方に限らず自身の厄をこの桃に撫でつけて下さい。なお桃の実をあしらった厄除守をおわけしております』
と、隣の立て札に書かれてある。自分に厄があるとはあまり思いたくないが、かわいいので桃を撫でる。

●楠(写真左)
推定樹齢300年。『両手を当てて大樹の力を感じ取って下さい』と隣の立て札に書かれてある。なので両手を当ててみる。…よく分からない。抱きついてみる。…大樹の力を感じる前に恥ずかしくなったのでやめる。

●旧一条戻橋(写真左)
約十年前まで実際に使われていた親柱の部分を使って復元したもの。橋の部分はミニチュア版。

●著名人絵馬(写真中)
「陰陽師」の作者の夢枕獏や、野村萬斎など、晴明神社にお参りに来た著名人の方々が書かれた絵馬が飾られている。他にもいろんな有名人の絵馬があるのだが、わたしの目を引いたのは三倉茉奈、佳奈のお二人。普段からテレビでそっくりぶりやシンクロぶりを拝見しているのだが、サインもかなりシンクロしていた。

●おさいせん(写真右)
そんなに広くない境内のいたるところに置いてある。そんなにたびたびおさいせんしません。

顕彰板。
決して広くはない境内の中に10枚、どっさり飾られている。
晴明についての言い伝えが絵と文章でわかりやすく説明されている。と神社は説明している。
以下説明は写真左から。

●好敵手
夏蜜柑を箱に入れてその箱の中身は何か?という設問に答えるバトル。好敵手は当然のごとく「夏蜜柑」と答えるが、晴明は「鼠」だと言う。箱を開けると晴明の言う通り鼠がでてくる。術で夏蜜柑を鼠に変えたとのこと。…ずるい。

● 道長の犬
藤原道長の犬が、道長が門に入ろうとすると立ちふさがる。晴明が調べたところ、道に呪いのものが埋められていた。犯人はさきほどの好敵手。…暗い。

●頭痛
帝の頭痛が治らない。そこで晴明が調べたところ、前世の髑髏(どくろ)が岩にはさまっているのが原因だとわかった。岩の間から髑髏を取り除くと、帝の頭痛はなくなった。…気持ちの問題。

●蛙殺し
貴族に「術を使えるのなら人を殺せるか?」と聞かれ、「生かす方法を知らぬのでたやすく殺せぬ」と答えたところ、「蛙を殺してみよ」と言われた。晴明が葉っぱを投げると蛙はまったいらにひしゃげた。…むごい。


言い伝えにしては微妙なエピソードが多い。が、まあ、本当ならスゴい。


今日のおみやげ

晴明神社にはいろんなお守りがあります。その中でわたしが選んだのはこれ、向上守。営業力、学力の向上のお守り。黄色は土を表し、赤は火を表しています。土の粘りと火の勢いが肝要とのこと。営業力、学力が右肩上がりになるそうです。今年は営業力、学力アップです。サイズが普通のお守りよりも小さくてかわいらしいです。


since 2000.5.18 / Copyright ©2000-2004 Cucumber Co., Ltd. All rights reserved
MONO TOP MONO TOP

 

 

 

MONO TOP